福島キワニスクラブ子ども基金

JAPANESE >> / ENGLISH>>

福島キワニスクラブ子ども基金設立主旨

 福島県では、2011年3月の東日本大震災とそれに伴う原発事故により、現在も多くの方々が不自由な生活を強いられています。さらに子ども達は放射線の影響を避けるため既に1万人以上が県外に避難し、家族と離れ離れの生活を余儀なくされています。

 福島キワニスクラブでは、避難所の子ども達にキワニスドールを贈るなどの活動を行って参りましたが、会員数30名弱のクラブで活動資金も限られており、深刻な状況の中、より多くの子ども達を支援したいという思いから「福島キワニスクラブ子ども基金」を設立いたしました。世界中のキワニアンの皆さんから基金へのご寄付を頂く事により、キワニスの精神に沿って、広く子ども達を支援する目的で使わせて頂きます。具体的な支援内容につきましては、今後このホームページを通じて皆さんに情報提供させて頂きます。


福島キワニスクラブの活動と「福島キワニスクラブ子どの基金」に対する、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

福島キワニスクラブ会長 上西 皓愃

子ども基金設立主旨


  福島キワニスクラブ子どの基金は、2011年3月11日の東日本大震災で被災した子ども達を支援することを目的として設立されました。

 世界及び日本のキワニアンから寄せられた義援金は、キワニスの精神に沿って、広く子ども達を支援するのが目的です。

福島キワニスクラブ子ども基金振込先

日本国内から [振り込み口座]
  東邦銀行 南福島支店
  普通預金 661383
[口座名義]
  福島キワニスクラブ子ども基金
  代表者 和合アヤ子
海外から
〔Bank Account〕
[Bank account for payment of donation]
  The toho bank,ltd. Minami Fukushima Branch
  Saving account number:661383
[Name of the account holder]
  Kiwanis Club Of Fukushima, Children’s Fund
  Representative:Ayako WAGO